モラハラ妻との熟年離婚をめざして

55歳男性がモラハラ妻との熟年離婚騒動記を現在進行形で送ります

スポンサードリンク

在宅できない在宅勤務

多くの企業でコロナウィルス蔓延防止のための緊急事態宣言に伴い、原則出社禁止、在宅勤務に移行していると思いますが、そもそも「在宅」出来ない人も居るんです。

 

在宅できないんですけど 

在宅勤務は文字通り自宅で業務を行うこと。セキュリティ上の問題から、オープンWiFi接続によるカフェなどでの勤務は認められていません。WiFi経由の情報盗聴の可能性がありますし、カフェなどでは、電話の声が聞かれたり、PCの画面を覗き込まれることがありますので、セキュリティ重視の立場で言えば、おかしな話ではなく、納得できる規則ではあります。

しかし、家庭内虐待などで、まともに家に居られない人って、それなりにいると思うのです。家を出されて、会社に行かない日は街中をひたすら彷徨っているような人は、現在の外出自粛・在宅勤務強制の中、行く所が無くて困っているのではないかと思います。

ネカフェも営業自粛中。残る牙城はビデボ

家を追い出された人に対して、最初に考えられる避難所として考えられるネカフェも営業自粛しているところが多いです。一方でビデオボックスは営業しているお店もあるようで、WiFiもフリーで提供しています。ただ、1日滞在で3000円ぐらいはかかってしまいますね。アダルトビデオを見るのがメインのビデオボックスで業務をしているのも何かシュールな光景ですが、いざとなったらやむを得ないでしょう。テレビ会議参加時には背景ぼかしを入れるのが必須となりますし、隣のボックスから喘ぎ声が漏れてくるかもしれません。ちょっとスリリングです。

宝島24チェーンは営業しているようですので、いざとなればお世話になりに行きます。

takarajima24.com

いっそのことビジネスホテルのデイユース?

いっその事、ビジネスホテルをデイユースするのも有りかもしれません。しかし、どこのビジネスホテルでも安いプランを使っても1日使おうとすると4000円ぐらいかかります。

在宅できなくて困る人だって居るので在宅勤務を強制しないでほしい

実は、以前この記事で、教会に頼み込んで、 事務所を使わせてもらっていると書いたのですが、一部の信徒さんから、公共の部屋を私有化しているというクレームを受けてしまったので、おいそれと使うことが出来なくなってしまいそうなのです。

www.jyukunennrikon.work

やっぱり早いところ、部屋を借りて、ちゃんと引っ越しをすべきなのでしょうね。URなら場所を選ばなければ40000円/月ぐらいの部屋もあります。

 不安定な暮らしを脱出するためにも、安定した生活基盤からですね。