モラハラ妻との熟年離婚をめざして

55歳男性がモラハラ妻との熟年離婚騒動記を現在進行形で送ります

スポンサードリンク

同居に戻ることになりそうです

ここまでさんざん離婚するする詐欺をしていましたが、結局、別居を解消して家に帰ることになりそうです。

相手の態度が軟化し始める

一番大きな理由は相手の態度がかなり軟化したことです。今までは私の収入では賄い切れないようなかなり多額の金額を生活費として要求し、それに応えることができないと、ひたすら金よこせのメールと電話をよこすような状態であったため、同居に戻ったらとてもではないけど精神的に持たないと思ったため、最終的な離婚を視野に別居を続けていたのですが、ここへ来て相手の言い分がかなり変わってきました。

同居に戻るなら出せる金額の中でベストを尽くせば良い

ちょっと言い方は違いますが、要約するとこういう事になります。別居を続けるなら毎月一定額を請求するが、同居に戻るのであれば、収入の中で私が無駄遣いすること無く、最大限の金額を家計に回すのであれば、要求する金額に満たなくてもやむを得ないという言い方に変わってきました。

最終的にどうなるか分かりませんが、別居する大義名分がなくなりました

こうなると、別居する大義名分が無くなってしまいましたので、今の賃貸の契約が切れるタイミングで家に帰ろうと思います。帰ったところで、今までのような家族ではなく、一緒に住むだけだとは思いますし、支払い不可能なお金の要求をされるようであれば、また別居に戻らなくてはならないですが、とりあえず今の感じであれば、私の家賃分だけ家計が楽になる可能性があります。

別居していると他にも面倒なことがいっぱいある

また、別居を半年も続けていると、面倒なこともたくさん出てきます。現在、住民票は動かしておらず、世帯主は私のままなのですが、そうすると家の固定資産税や選挙の投票整理券その他世帯単位の申請事が全部私宛に届いてしまいます。住民票を分けてしまえばよいのですが、そうすると今度は現在扶養に入れている娘と息子を扶養し続けることができなくなり、税金がかなり高くなるというデメリットもあります。

また、今の生活は持ち物ゼロからスタートし、最低限の物しか揃えていないのですが、服など少なすぎて不便に感じることもしばしばあります。

更に、一人暮らしは特に休日にひとりきりで寂しい思いをすることも増えてきました。特に梅雨時に雨に降られてしまうと、狭いアパートの一室で悶々と過ごすことになり、かなりメンタル的に厳しいです。

家に帰ったところで、まともな会話が交わされるとは思えませんが、完全に一人であるよりはマシなのではないかと思うようになってきました。

帰宅の件はこれから切り出します

帰宅の件はまだ家族に伝えておらず、これから切り出しますので、最終的にどのような着地になるか分かりませんが、気持ちとして、同居の方向に変わってきたというところです。