50代男の熟年離婚

55歳男性が現在進行形で送る熟年離婚騒動記

スポンサードリンク

モラハラ生活2週間

前の記事に別居から帰宅したらモラハラ生活が待っていた話を書きました。 www.jyukunennrikon.work それから2週間(記事を書いてから1週間)経ちましたが、生活は何も変化していません。 モラハラ生活2週間 これが今自分の荷物を収納している屋根裏収納ス…

家に戻ったら壮絶なモラハラとDVが待っていた

まず、下の写真は、現在私に与えられている居住空間です。 人間以下の居住環境 私に与えられているのは、玄関から居間に入る間の廊下。幅70㎝、長さ2mぐらいのエリアです。布団1枚をまっすぐに敷くことが出来ないので、布団がゆがんでいます。これでもなんと…

同居に戻ることにしました 離婚は当分棚上げです しかし・・・

一つ前の記事で、家に戻るかもしれないと書いていましたが、実際に戻ることが決まりました。家に帰る時期は8月の末になります。 www.jyukunennrikon.work 家に帰ります。しかし・・・ 結論から言いますと、8月末で別居を解消して家に戻ることになりました。…

同居に戻ることになりそうです

ここまでさんざん離婚するする詐欺をしていましたが、結局、別居を解消して家に帰ることになりそうです。 相手の態度が軟化し始める 一番大きな理由は相手の態度がかなり軟化したことです。今までは私の収入では賄い切れないようなかなり多額の金額を生活費…

収入減で別居が怪しい状況になってしまいました

役職定年 私は今56歳になりました。 私の勤めている会社には、役職定年制度というものがあり、56歳で役職が解かれる事になっています。その後のコースは3種類に分かれていて シニアエキスパートという専門職になる 本体会社を退職し、関連会社に再就職する …

別居して半年

自分が起こした事件がきっかけで始まった別居生活ですが、始まったのが11月初頭ですので、かれこれ半年を迎えることになりました。 別居生活の始まりは自宅からの追い出し 結婚生活を続けることに疑問を持ち始めた 今後の収入にも不安が 収入が安定するまで…

新生活で買ったもの

僕の場合、今まで住んでいた家を着の身着のままで追い出され、新しい生活に入ったので、必要最低限の生活必需品をできるだけ安く済ませる必要がありました。 ほとんどの生活物資はアマゾンで買い揃えています。 住居 まず、住む場所はオークハウスのソーシャ…

決別

年度替わり、年号替わりと慌ただしい今年の春ですが、自身も慌ただしく新しい世界への決定を迫られています。 最後通牒 ここからが正念場

非難の応酬

毎月の送金額を減らして以降、毎日のように着信する電話とメールがだんだん過激になってきました。 日に10回以上着信する鬼電 次は毎日届くメール

形勢逆転?

今までは僕のほうが家から追い出され、止む無く一人暮らしをするという状態だったのですが、最近形勢逆転してきました。 結局はお金がある方が勝ち? 送金額を減らしたところ、家族側から悲鳴が いつの間にか「なぜ別居するのか」と論調が変わる 結局お金を…